経鼻内視鏡検査
食道・胃・腸など日本人が多く抱える病気を早期に発見します。早めの治療を心掛けましょう。

内視鏡検査とは

内視鏡検査

内視鏡とは、外から見えない身体の中を、先端にレンズのついた管状の機器を入れて観察し、場合によっては処置・治療をする医療機器です。
日本では胃や大腸の疾患を抱えている方が非常に多いため、内視鏡による検査が行われる場合が多くあります。 内視鏡はバリウム検査などに比べ体内の状況が正確に把握できるため、より精度の高い診断が可能になります。

こんな方にお勧めしています

主に食道・胃・腸などの各部に不調を感じている方にお勧めしています。
病名としては 食道炎・胃炎・胃がん・食道がん・大腸がん・ポリープなどの診断が可能です。

以下の症状に心あたりはありませんか?

  • 喉に痛みがあったり、喉がいがいがして声がかすれることがある
  • げっぷがよく出たり、口まで酸っぱい液がこみ上げてくる
  • 胃がもたれている
  • 咳がよく出る
  • 常に胃のあたりに不快感、痛みがする
  • 胃もたれや食後の腹痛
  • 胃のむかつきや吐き気がある
  • 食欲不振
  • 血の混じった便が出る
  • お腹がはる
  • 下痢
  • 便秘

上記の症状がある方は一度検査をしていただく事をお勧めします。

当院では最新型の経鼻内視鏡を導入し苦痛の少ない検査を行っています。口から挿入する内視鏡では喉の反射の強い方はどうしても「おえっ」となってしまうことがありました。細い内視鏡で鼻の孔から挿入すると「おえっ」が少なく楽な検査を受けることができます。また検査中に口をきくことができますので、不安や苦痛を訴えたり、疑問点を質問することも可能です。従来の経鼻内視鏡では画質が問題とされていましたが、最新の内視鏡システムは通常内視鏡に匹敵する鮮明な画質が得られています。患者さんにさらに優しく高精度の検査を受けていただくことが可能になりました。

検査中に何か異常がありましたら専門施設での精密検査を迅速に手配いたします。鎮静剤使用の検査や大腸内視鏡検査につきましては、関連施設をご紹介いたします。

pagetop